エコカーにおけるハイブリッドカー

エコカーとはよく聞きますが、「エコロジーカー」の略名です。

「エコロジー」とは、地球環境を改善しようとする意識を持つことや行動を起こすことであり、エコロジーカーは環境に留意している車ということです。

ガソリン車は排気ガスや光化学スモッグといった公害を招くものであり、窒素酸化物や硫黄酸化物などで健康被害を引き起こしかねない。

また地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出も、ガソリンを使用することで起こっています。

このような面からガソリン仕様車は環境にあまりよくないと考えられ、「エコカー」と呼ばれるものの開発が進んだのです。

エコカーには「無公害車」と「低公害車」の2種類があります。

無公害車は全く温室効果ガスを排出せず、低公害車は温室効果ガスを大幅に削減した車です。

この2方向からのアプローチによるエコカーが、現在普及しています。

「無公害車」と「低公害車」、2種類のエコカー

全く温室効果ガスを排出しない無公害車と、温室効果ガスを大幅に削減している低公害車ですが、この2方向からのアプローチしているものを「エコカー」と呼んでいます。

無公害車には「電気自動車」があり、ガソリンを全く使わず動く車です。

排気ガスを全く排出せず、騒音も少なく、なおかつ二酸化炭素が出ないことが特徴です。

日産リーフなどは電気自動車です。

鉛電池やニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの電池を動力として用いています。

低公害車はエンジンとモーターの両方を搭載し、電池だけでなくエンジンで走行することもできます。

これまでのガソリン車に比べガソリン量が少なくてすみ、かなり環境に留意できています。

そのことからこれらもエコカーと呼ばれるものです。

トヨタプリウスといったハイブリッドカーも、低公害車です。

またハイブリットではなくとも、環境問題に貢献できる車であれば、エコカーとして減税などの特別な料率を与えられています。

エコカーであれば車の任意保険の料率が安くなるといった特典が設けられていることもあり、社会全体でエコカーの普及を推進しています。

とはいえ保険料に関して言えば、「エコロジーに関心がある人は危険運転をしないであろう」という裏付けはあると思います。

そこまで保険会社がソンをすることはないでしょう。